めまい.com

△ トップページへ戻る

めまいに関する情報をご紹介

【めまいが起こるしくみ】

耳の構造と役割

耳の主な働きには「音を集める」「音を聞く」「平衡感覚を保つ」「気圧の変化を調節する」などがあり、外界の情報を音によってとらえ、大脳に伝える感覚器官であると同時に、人がバランスをとるための平衡器官としての役割も持ちます。
耳は、大きく分けて、外耳・中耳・内耳から構成されており、外耳は、鼓膜から外側の部分をいい、音を集めて外耳道によって中耳まで音を運んで伝える役割をもちます。
中耳は、鼓膜から耳小骨までの部分をいい、外耳と中耳を隔てている鼓膜は、わずか0.1mmの厚さの薄い膜で、外耳から届いた音の振動を耳小骨に伝えます。耳小骨は、鼓膜の振動を蝸牛(かぎゅう)に伝える働きをします。
内耳は、耳のもっとも奥にあり、バランス情報を大脳に伝える前庭神経、音の高さを聞き分ける蝸牛と、その音の情報を大脳に伝える蝸牛神経、平衡感覚をつかさどる三半規管からなり、三半規管から神経までを内耳といいます。

三半規管は、身体の前後回転を感じる後半規管、身体の横回転を感じる前半規管、身体の軸回転を感じる外半規管の3つの管からなり、人はこの規管のおかげで前後・左右・横方向への身体の傾きを感じとります。
また、内耳部分の蝸牛は、カタツムリのような渦巻き状をしており、その内部に感覚細胞があります。また蝸牛の隣にある三半規管は、耳石器(じせきき)と呼ばれる卵形嚢(らんけいのう)、球形嚢(きゅうけいのう)があり、これらの内部はリンパ液で満たされています。身体が傾くとこのリンパ液がそれに合わせて流れ(回転する)、リンパ液の流れの変化から身体の回転方向を感じとります。人はこれによって身体の平衡を保つことができます。三半規管は、身体が前後左右と横に動くとき(加速度が生じたとき)にはたらき、その動きが止まると三半規管は反応しなくなります。




→サトウ式耳鳴り・めまい改善術でめまいとサヨナラするにはコチラ

▲このページの上部へ