めまい.com

△ トップページへ戻る

めまいに関する情報をご紹介

【めまいが起こるしくみ】

身体のバランスをとるしくみ

耳には「音を集める」「音を聞く」「平衡感覚を保つ」「気圧の変化を調節する」などの働きがあります。このうち、「平衡感覚を保つ」=身体のバランスをとるという役割は、内耳の前庭で三半規管と耳石器がその働きを担っています。
三半規管は、前後・左右・横方向のそれぞれの身体の回転方向を感知し、その情報を大脳に伝え、耳石器は、水平方向と垂直方向の身体の傾きを感知するための器官で、同じように感知した情報を大脳に伝えます。

三半規管は3つの管からなる器官で、その管の中はリンパ液で満たされています。身体が回転するとその動きに合わせてリンパ液が流れ、リンパ液の流れる方向から、前後・左右・横方向のどちらに身体が回転しているかを感知し、前庭神経によってそのバランス情報が大脳に伝えられます。
耳石器は水平方向と垂直方向への身体の傾きを感知するためにある2つの袋状の器官で、頭を傾けると、その重みで耳石が反応して傾き、身体がどのような位置にあるのかを感知します。三半規管が、前後・左右・横方向の3方向への回転による加速を感じたときだけ働くのに対し、耳石器は、頭の傾きをキャッチするため常に働き、傾き具合を測定しています。

このように、人は、身体の回転を感知する三半規管と、身体の傾きを感知する耳石器が正常に作動することによって、身体のバランスをとることができています。この働きを担う器官のどこかに異常があったり、脳に異常があったりすると、身体のバランスをうまくとることができなくなります。頭痛、耳鳴り、肩こり、難聴、吐き気などを伴うめまいがある場合、このいずれかに異常を来している可能性があります。脳に何らかの障害がある場合もありますので、これらの症状が続くときは、早めに専門医の検診を受ける必要があります。




→サトウ式耳鳴り・めまい改善術でめまいとサヨナラするにはコチラ

▲このページの上部へ