めまい.com

△ トップページへ戻る

めまいに関する情報をご紹介

【めまいが起こるしくみ】

気圧の変化を調節するしくみ

人によって様々ですが、普通、人がいる場所の気圧が変化すると、耳に膜を張ったような感じになり、ツーンとした痛みを感じます。このような場合、つばを飲み込んだり、あくびをしたりすることで、このような症状を緩和する方法が一般的に知られています。

高層ビルの上の方までエレベーターで上がったとき、飛行機が高度を上げたとき、また、新幹線が長いトンネルに入ったときや、スキューバーダイビングで海の深いところまで潜ったときなど、いずれも自分を取り巻く気圧が急激に変化したときに、このような症状があらわれます。これは、気圧が急激に変化するのに対し、耳の外耳と中耳を隔てている鼓膜の外側(外耳側)と内側(中耳側)の圧力に差が生じるためです。

中耳は、耳管という管によって咽頭部とつながっていて、普段、耳管は閉じてあり、開閉して空気を通すことで、中耳の気圧を外部の気圧と同じに保っています。しかし、急激な気圧の変化が起こった場合、耳管は閉じたままの状態で、鼓膜の内側と外側に圧力の差が生じたとき、鼓膜がどちらかに引っ張られ、音が聞こえ難くなったり、耳に膜が張ったような感覚になったりするのです。
耳管は、咽頭部とつながっているため、口を大きく開けたり、つばを飲み込んだりするときに開きます。耳管が開いたときに、鼻や喉から入った外気が鼓膜の内側まで届き、鼓膜の外側の気圧と同じ気圧にすることができます。つばを飲み込む、あくびをする、などの行為で、鼓膜の内側と外側の気圧を調節することで、先に述べたような症状を緩和させることができるのはこのためです。
過去に、乗り物に乗っていて耳が詰まるような感じや耳の痛みを経験したことがある人は、自分を取り巻く気圧が急激に変わることが予測できる場合、事前にアメをなめたり、ガムを噛んだりすることである程度の予防ができます。




→サトウ式耳鳴り・めまい改善術でめまいとサヨナラするにはコチラ

▲このページの上部へ