めまい.com

△ トップページへ戻る

めまいに関する情報をご紹介

【症状別めまいの原因】

耳鳴りを伴うめまい

一般に耳鳴りは、実際は音がしていないのに何かが聞こえるように感じる症状のことをいいますが、他人には聞くことができない自覚的耳鳴りと、他人でも聴診器などを使用することで気くことができる他覚的耳鳴りがあります。

自覚的耳鳴りは、耳のもっとも奥にある内耳から脳に至るまでのどこかで、神経が活性化されることで起きるといわれています。この症状は、内耳や脳の血液の循環を改善することや、筋肉の緊張を和らげること、また、精神を安定させることなどで緩和されることもあります。
他覚的耳鳴りは、耳の周囲にある筋肉の痙攣や関節の音、また、血液やリンパ液が流れる音などが聞こえるもので、聴覚の異常ではなく、関節や筋肉の腫れ、血管の異常などが原因といわれています。この症状は、筋肉の痙攣の音の場合、筋肉の緊張をやわらげるなど、その音がする原因に応じた治療によって緩和されます。

身体の平衡感覚をつかさどる三半規管などで何らかの異常が発生したときに、耳鳴りを伴うめまいを起こすことが多いといわれています。大脳にバランス情報を伝える前庭神経と、大脳に音の情報を伝える蝸牛神経による内耳神経の異常によって起きるめまいの発症時に耳鳴りが起こります。
耳鳴りを伴うめまいは、自律神経失調症が原因の場合もあります。これは、自律神経失調症によって血行が悪化していることが原因とされていて、この場合、免疫力が低下していることが考えられ、中耳や内耳が最近に感染して炎症を起こすことにより耳鳴りがすることがもあります。
また 自律神経失調症ではなくても、内耳や中耳が炎症を起こしているときは、この部分の機能が低下していますので、中耳炎や内耳炎が原因でめまいと耳鳴りが同時に起こることもあります。この場合、中耳炎や内耳炎が完治することで、耳鳴りを伴うめまいも治まると考えられますが、耳の奥は自分で確認することができないため、早めに医師に診察してもらうことをおすすめいたします。




→サトウ式耳鳴り・めまい改善術でめまいとサヨナラするにはコチラ

▲このページの上部へ