めまい.com

△ トップページへ戻る

めまいに関する情報をご紹介

【めまいと病気】

メニエール病とは

身体の平衡感覚をつかさどる三半規管に異常があるとめまいを起こしますが、この代表的なものがメニエール病で、急激な耳鳴りや難聴を伴い、めまい発作を繰り返す、内耳障害が原因で起こるめまいの病気です。

【症状】
メニエール病の代表的な症状が、めまいで、主に、自分自身もしくは周りがぐるぐると回っているように感じる回転性めまいです。メニエール病は、多くの場合、この回転性めまいが持続して起こるといわれています。めまい発作の前に難聴を伴う激しい耳鳴りを感じ、めまい発作がおさまると耳鳴りもおさまりますが、めまい発作を何度も繰り返す場合、発作時以外のときでも耳鳴りを感じるようになると言われています。他に、頭痛や吐き気、嘔吐などが上げられ、この病気は、30〜50歳くらいの女性に多く発症することが知られています。

【原因】
耳のもっとも奥にある内耳は、バランス情報を大脳に伝える前庭神経や、音の高さを判別する蝸牛(かぎゅう)と、その情報を大脳に伝える蝸牛神経、また、平衡感覚をつかさどる三半規管からなり、内耳の中はリンパ液で満たされています。メニエール病は、ここにあるリンパ液が増えすぎることで、内耳が水ぶくれ(内リンパ水腫)状態になることが原因といわれていますが、詳細はまだわかっていません。一般的には、過度のストレス、疲労、また、睡眠不足などが引き金となって起こる病気と考えられています。内耳のリンパ液は、身体のバランスや音の情報を感知し、その情報が、前庭神経や蝸牛神経によって大脳に伝えられますので、これが増えすぎると、それらの情報を正しく大脳に伝えることができなくなります。そのため、めまいを起こしたり、耳鳴りや難聴の症状があらわれたりします。




→サトウ式耳鳴り・めまい改善術でめまいとサヨナラするにはコチラ

▲このページの上部へ